花火ツーリズムを盛んに!

花火見物から、花火+αの旅へ

私たちのミッション

令和元年現在、全国で1,000を超える花火大会が開催されています。日本中のほとんどの地域で、ちょっと足を伸ばせば、年に1度は花火を見ることができます。

私たちが目指しているのは、「100年後も、日本の花火が多くの人々に観賞され、親しまれている」こと。

それを実現するためには、少子高齢化が進み開催が難しくなっていく地方の花火大会を、なんとか存続させていく必要があります。

花火が今よりも人とお金の流れを活発に出来れば、今よりもっと開催地を元気にすることが出来れば、花火大会は存続していくことが出来ます。そのための仕組みとして、花火をきっかけとした旅のカタチ「花火ツーリズム(花火+αの旅)」を普及、推進していきます。

私たちのサービス

私たちは、IT、シェアリングエコノミーおよび観光の領域に強みを持っています。それらの強みを活かし、花火ツーリズムの普及と開催地の活性化のために、以下のサービスを提供しています。

花火を見に行く方向けに、以下のサービスを提供しています。

  • 花火大会の情報や旅の準備に役立つ情報の提供
  • 宿泊施設でのご宿泊(現在は、大曲と長岡のみ)
  • ガイドツアーやワークショップなどの体験型コンテンツ

花火大会開催地にお住まいの方向けに、以下のサービスを提供しています。

  • 民泊施設の管理、運営代行(住宅宿泊管理業)
  • その他、遊休資産(空き家、空き地など)の利活用に関する支援

サービスについて →